永遠などないとわかってる

それでもまだ願ってしまうのは

WORLDISTAの思い出 その3 とボイス110緊急指令室

 ボイス110緊急指令室がとてもとても面白い。透ちゃんが3年前から兄貴の近くにいる唯一の人間で、警察内の動きも把握できるんだって気付いてからはもしかして、、の思いで見てるけどかっこいいのよ透ちゃんてば、、でも兄貴が言わないならあたしが呟いちゃうよひとりだと掃除屋取り逃してた透ちゃん「刑事が犯人を取り逃したら1回なら偶然、2回なら不自然だ。繰り返されたら必然だ」って、、兄貴の応援で捕まえられたけど、、。それと係長が殺された現場を見た時の表情が秀逸で、でも仕事仲間を殺された悔しさとは微妙に違う苦しい表情に見えたんだよ、、、8話予告の表情見たら心臓どきどきしすぎて最終回までに救心買っとこって思った。透ちゃんが内通者じゃないのかって疑いすぎて、イリュージュにカチカチ野郎がいるって所長から兄貴に電話した後に、兄貴が透ちゃんの車に乗る直前まで透ちゃんがイヤホン押さえてる姿見て盗聴?!とまで思ってしまったw 話を追う毎に演技力がうまくなってる気がする。透ちゃんの「おい」と同じ空気の抜き方をしてたとある声も気になってるんだけど、いなげみつおから石川透への改名疑惑もあるんだったww(手越祐也さん談w) とにかく気になってすごく面白いドラマ。横浜市のいきなりのカジノ誘致っていう現実と交錯しているのも面白い(偶然?

そして来週に迫ったStrawberryの発売。CMの最後、空撮の花火がStrawberryのモチーフを赤く彩ってるのは、このための花火の色だったの?なんだか1年越しの鳥肌なんだけど(ごうなき)

 

さて、ライブはこのあとお色直しをするのだけど、ますださんお気に入りのデザイナーさんがキャラクターを描いてくれたでいいんだよね? かわいい動物のキャラクターを散りばめた布地と、メンバーそれぞれ違うデザインの衣装。このゆうやの衣装が、足首がリブ編みできゅっとしまってるズボンだったから乳児が履いてるロンパースみたいだったのと、ガウンを羽織っていたので「ゆうやちゃんそろそろ就寝ですよタイム」にしか見えなくなってしまったw すごいかわいくてホットミルクを渡してあげたかったよ、、(なのに歌唱力ありすぎのギャップよ、、)

恋を知らない君への時に思わず涙が流れてしかたなかったんだけど、NEWSの歌唱力と映像がすごい切なかったんだよね。ベージュの映像にはロボットが。女の子に恋をして風船を渡そうとするんだけど、電池が切れてしまって動けなくなって渡せないの。もう切ない、、恋を知らなければこんな切ない思いもしなかったのかもしれないけど、それでも恋を知ってよかったなとも思う切なさ。落ちサビのテゴマスの歌声も胸を打つこの歌の後は、風船からほどけてしまった「リボン」。すばら!すばら!な流れ。

サンタのいないクリスマスのコーダのゆうやのハーモニーの音の取り方が!流れが!!もう、これしかないっていう音を拾って歌っててすごい鳥肌立った。

この衣装はすごくかわいいのに、歌った曲は全部切なくて、そのギャップがまた良かったな~。

長野オーラスではこの衣装で東京ガールズコレクションの真似をしたのがすごいクオリティ高かったw まずこやてごで「付き合って3か月のカップル」の設定でランウェイのように長い花道をウォーキングするんだけど、祐子があざとかわいい。石原さとみか祐子かってくらいかわいい。その後にこやしげのメンズモデルで歩く姿はくそかっこよかった。スタイルよすぎ。オーラ出過ぎ。最後にデザイナーのタカヒサマスダがすごい勢いで走って戻って行ってた。パリコレはこうなのかな? あと、ゆうやがそれぞれのソロの好きなところを言っててそれがオタクのツボと一緒で嬉しかったw ソロの準備でハケてたゆうやが、ステージ上でこのキャラクターのTシャツをこやしげにあげるって言ったますださんに「だーます!だーます!てごにゃんもくれー!!(確かこんな感じだった)」って声だけで登場してすごいかわいかった。その主張に対して、プライベートで着られるように上下でコーディネートしてプレゼントしてあげるって言ったますださんのお兄ちゃん感にてごますぅぅぅって叫びそうになったよ。是非その姿をwebで上げてほしい。慶ちゃんに写真の載せ方聞いて、、お願い、、

 他の会場で覚えてるMCは、埼玉(静岡だったかも、、)で、ファンサを貰った時に周りのうちわを見回して自分だけだったら「よっしゃ私だー!」って嬉しいんでしょ?ってゆうやの発言と(よく見てらっしゃる、、)、よっしゃー!の仕草がすごいかわいかった。しげちゃんの座った時に周り確認するよね?みたいなのも仰る通りでw

埼玉で、お世話になっている記者さん達をもてなした時(1部と2部の間に開催されたって言ってたような)、まず小山さんが自分の誕生日が令和元年初日と一緒、に絡めた抱負を話す→これは誕生日で繋げるんだなってますださんが誕生日の7/4を話す→ゆうやの誕生日11/11に掛けて、1は金メダル、オリンピックに関わる仕事ができたらの抱負→しげの誕生日7/11は水戸黄門の誕生日。人生楽ありゃ苦もあるさ、の誕生日ネタの天丼で締める。即興でおもしろく話せるNEWSほんとすごいww この時はますださんがラーメンのケータリングを頼んでくれて、ラーメン屋さんごと来てもらったっていうかっこいいエピソードと、食べきれないからしげちゃんとゆうやで一杯のラーメンをわけて食べたんだけど、煮卵を「はんぶんこしよ」って言うゆうやがかわいすぎるエピソードに倒れた。それも大きい方の卵をしげちゃんにあげたって、、

あと、一緒にライブをつくってくれてるジュニアくんたち全員を紹介してくれたり、ますださんが愛唄を歌ってくれたり(美声!)とほんとにいつもおもしろかったな~。

今回はここまで。次で終わる、、予定、、

 

WORLDISTAの思い出 その2

Strawberry発売ありがとう~!!! 去年の熱くて幸せだった空間を思い出したよ~。

 


 プレ販から優しさと愛で溢れていたよね、、。来月が楽しみ。初回盤の100ページブックレットにびっくりしたんだけどそのままNEWSの愛の重さかな、、広告の仕事を昔してたからカタログ作成とかの苦労は少しはわかる、、100ページなんてやったことないよ(ごうなき

 

さて、続きを。

同じ衣装でメインステで4人でU R not aloneを歌うんだけど、もちろん会場も歌うよね。この一体感ほんと好き。モニターが4分割されてそれぞれの表情が見えて胸が熱くなる。。。んだけど、モニターには歌詞が出てないwwでも完璧に歌える会場ww もはや歌詞覚えてるオタクの習性を知りすぎてるNEWSすばら。VRの世界なんだけど「生きてる」って実感するU R not alone。一度、いわゆる見切れ席だったとき、ステージの上に置かれた四角い小さな台の上に乗って歌ってる姿を見たんだけど、小さい台なのに飛び跳ねたりするゆうやにびっくりした。エモーショナルな感情をそのまま出してくれているから、見ていて落ちないかハラハラしたんだけどバランス感覚に秀でてるのか全然落ちなかったw そういえばトップガンの最後のポーズもぐらつかなかったもんね、、

そして、このレーシングチームのようなツナギがパンダを表現してたなんて!WORLDISTAの衣装すべてが動物をモチーフにしてたって知ってますださんやっぱ天才…!って装苑見ながら震えたよ、、。ちなみにわたしが前記事でジュニアくんの衣装を「ビット数の少ない時代」って書いたけど、8ビットだった。何度も作り直したって書いてあったけど、ゲームに疎いわたしでも一目で分かったから世界観ほんと素敵だったな~。

このゲームは、というかライブは、WORLDISTA CUPっていうゲーム大会に会場中がチームとして参加して「Wエッグ」と名付けられた卵を獲得したバワリーで成長させていくんだけど、模様がだんだん変化していったりして(カラフルなウズラの卵みたいな感じ)、かわいいの。孵化した小鳥もすごいかわいくて、ライブを観ていながら大きく成長いくのも見守るストーリーになってる。

 

次の衣装は赤い光沢のあるスーツの背中に尻尾みたいなのがついていて、すごく高貴に見えるからファンタジーの世界に生きるキャラクターの王子様かと思ってた。尻尾の色もみんな違ってて、ゆうやは金髪。しげちゃんは髪色に似た黒っぽい色。みんなは床に着いて少し折れるくらいの長さなのに、ゆうやは床に着かない長さだから踊るとひとり軽やかに尻尾が舞っていてゆうやらしいな~って思ってた。ゆうやの身長がますださんが思ってたより高かったから短くなっちゃったのかな?結果オーライ♪ゆうやの尻尾かわいい♪って見てた(何様w) そしたら、この衣装はますださんは「高貴な赤い馬」をイメージしたとのこと。高貴さがすごい出てた~! そしてしみじみ見るとたてがみみたいなのがゆうやの袖についてる、、! すごい雰囲気あって会場の世界もファンタジーみたいだった。

その衣装で最初に歌うのはインビジブル・ダンジョン。モニターの映像の使い方があらし先輩に似てるっていうのが最初の印象で、エンターテイメント性の高さと予算の高さを(こら)ひしひし。すごい映像凝ってる、、。光と影だけって感じの直線の映像の組み合わせがほんとかっこよかった。モノトーンの世界に赤い衣装と曲線を描いて揺れるしっぽの対比が視覚的にもすごく印象に残ってる。そこにゆうやの声が光のように真っ直ぐ届いたり屈折したりプリズムに輝いたりって感じに変化しててすごい見ごたえ聴きごたえがあったよ~。

超絶オサレな曲の後は超絶かわいいDigital Loveへ。ひと昔前のゲームのようなビット数の少ない映像の中でゲーム操作をするような仕草のゆうやがほんとかわいい。♥がいっぱい集められてゲームクリアになる最後の片手を挙げるポーズのどうだ感もほんとにかわいい。最初から最後までほんとかわいい。ゆうやのかわいさが突出してたけど、見切れ席から見えたますださんのステップの正確さと軽やかさが芸術的で腰抜けたよ。その時だけはずっとますださんを見つめてしまった。サビの♪Digital Love Story きっと思い通り♪で足を交互に前に出してステップを踏むんだけど、1拍ずつ軽やかに前に出してるだけかと思ったら、爪先→踵みたいにすごく細かくステップを踏んでたの!!わたしの文章力じゃ全然伝わってないと思うけど!w とにかく見惚れるほどますださんのステップと踊りが綺麗だったの~。

 その後は会場中央の花道に水が流れ、月がその水面に映る幻想的な世界の中、I・ZA・NA・I・ZU・KI が。ますださんのソロから始まってイントロで水を華麗に操るように弾かせながら踊る一連の動きが息をのむほど綺麗だったな。しっぽがその幻想的な世界観に一役買っているし、流れる水にどこからが非現実でどこからが現実なのかわからないところもすごく素敵だったな。大サビのテゴマスのハーモニーも泣きたくなるくらい綺麗だった。小山さんが最後水を蹴るのはせっかくの水面に映る月を歪ませるし、一気に現実に戻るように世界観まで壊すからやめてほしかったな~。幻滅。静岡ではやらなかったけどいつからなんだろ。ますださんが冒頭に舞わせる水とは違うんだよーー、、、

ますださんソロは圧巻のレーザーの中に、すごい存在感を湛えて歌うますださんそのものが印象的だった。レーザーとますださんしかいない世界で歌う「あなたの代わりはいない」ってすごく胸にきたな~。そういえば色んなアーティストのライブ行ってる友達がWORLDISTAのレーザーはお金かかってるって言ってた。ゆうやがお気に入りって言ってた振り付けのところ、わたしも好きw オタク目線のゆうやすばら。衣装は黒い長袖フーディーか白いノースリーブのガチャ方式。ノースリーブだと芸術的な腕から肋骨から見えるのでレアキャラ引いた気分w ゆうやもファンはノースリーブの方が好きだよねって雑誌で言ってたけど、やはりオタク心理わかっててすばら。

 

小山さんソロがランウェイ歩くモデルにしか見えなくてすごいかっこよかった。曲も小山さんに合ってたと思う。「一緒に踊りましょう」って言われたのにスタイルの良さをガン見してて一回も踊らなかった、、ごめん、、

まだ長くなりそうなのでここまで。終わるのかな、、

WORLDISTAの思い出

今更だけど、すごく楽しかったWORLDISTAの感想を。はてなブログの書き方にまだ慣れてないのでずらずらっと書きます。

オープニングはどのツアーもワクワクするけど、WORLDISTAはゲームにログインした!っていう感覚が強く襲ってきた直後に、そのままVRの世界を目の前で見ているような4人の登場がかっこよすぎて全部の毛穴から意識が出て行っちゃったみたいな興奮状態に。近未来的な黒いメタリックのような衣装に電飾のメッセージが表れるのも、こんなにかっこいい人間が現実にいるのか?ってとこも、VRの世界としか思えないシーンだった(NEWSは現実にいるけどさ、、ほんとかっこいいんだよ、、、)。水が落ちてきて、一瞬、これは現実…?って動揺しながらWORLDISTAの曲が終わるとスッと消えちゃうからVR感というかゲームの画面みたいなんだよね。他の曲も曲が終わると一瞬で消えちゃうから、そこもWORLDISTAの世界観が統一されてて良かったな~。どうでもいいけどヒルズの駐車場も車が一瞬で消えるのを思い出してたw しげちゃんがアイギア外して「しーっ」って人差し指を唇に当てるとことか、ゆうやの「WORLDISTA」のタがeの発音に寄ってるのもビブラートがすごい響き渡るのもとにかくすごいかっこよかった。ゆうやのビズと歌声が神がかってるようにすごい良かった、、

 

2曲目がDEAD ENDなんだけど、出てきた瞬間にワンピース!!デッドエンドの冒険の酒井美紀ちゃん良かったなー!!って思い出すような、帆を張った船に「空飛ぶ車」だからかレーシングチームみたいなツナギを着る4人がかわいかった。映像も凝ってて、近くに来てくれる錯覚を起こしたよ。船内に取り付けられたカメラに映る4人がとにかくかわいい。

この衣装でそのあとweeeekとか歌うんだけだけど、出てきたジュニアくん達の衣装が、昔のゲームに出てくるようなビット数が少ない時代のキャラクターみたいですごいかわいかった。ますださん天才、、!

NEWSKOOLで最後、「NEWS」の文字を作るんだけど、毎回ゆうやが自分の位置を離れてますださんのところにとか行っちゃうのもかわいかった。ますださんもまんざらでもなく受け入れてるのもすごい良かったw

 

長くなりそうなので一旦ここで。

 

トップガン/Love Story 1位おめでとう!

オリコンBillboardも1位おめでとう!18万枚超えなのもおめでとう!!Mステであんなに喜んでくれた姿を見たら何度でも1位とらせてあげたいって全オタクが思ったよ、、。そしてますださんありがとう。1位になったことに対するあたたかい言葉にごうなき。WORLDISTAは終わったけど、またすぐにNEWSの歌声が聴けるってほんと嬉しい。テレビでパフォーマンスも見られるって幸せ。2曲ともWORLDISTAで披露してもらえてたから、またログインしてあの幸せの空間にいる感覚がよみがえってくるよ~。

WORLDISTAでトップガンを披露したときの赤×黒×白の袖が翻る衣装がすごく曲に合ってて(その前の白いTシャツの無垢さから一変しての雰囲気も、これを着たCASINO DRIVEもすごくかっこよかった)、シングルの衣装はどうなるのかなって思ったけど、タカヒサマスダはやはり天才でした、、あまりにかっこよくていつもより多くCD買い足しちゃったもん。ゆうやだけTシャツの下から黒いインナーの袖がのぞいてるのも好き。MVも震えるほど美しくてかっこいいからCD買い足し(また)。薔薇の額縁の中で横たわるNEWSの美しさよ、、。顔がお美しい人って瞳の輪郭がはっきり綺麗な形なのね(ちなみにわたしは瞳の輪郭すらたるんでますが)。特にゆうやの美しさは、高嶺の花の意味のトップガンてゆうやのことだったの?って思っちゃうほどの発狂レベルの美しさ。でもタカヒサマスダデザインの衣装着て踊る姿はかっこいいんだな~、、みんなかっこいいな~、、って見つめるしかない芸術的で攻撃的なMVもほんとに素敵。テレビのパフォーマンスもかっこいいし、てごますの体幹すばらだし(最後のポーズ)。ほんとかっこいいに尽きる、、

Love Story のからくりには全NEWS担が感動して泣くしかなかったっていう。。

まず、EPCOTIA ENCOREでブラックホールから脱出するために協力しましょうって言われて、かわいい宇宙人からいきなりこっちからこっちが歌、こっちからこっちがリズムみたいにざっくり役割分担させられる会場。リズムは手拍子と足拍子 歌はラララのコーラスでお手本1回か2回見せられて即実践ww 何だろ??って動揺しつつ素直にお手本通りリズム取ってラララでメロディーを歌うオタク達。「REC」のマークが出てたのと、「大好きな人を思い浮かべてね」って宇宙人から言われたのが少しひっかかりながらも、ミッションを達成するオタク。オタの能力信じすぎなNEWS大好き。

 ↓

NEWSに恋しての1周年記念CMが流れ、そのBGMの♪大好きだよ~ってふたり寄り添って♪が、EPCOTIA ENCOREで歌ったメロディーだと気付いて泣く。タイトルはLove Story。泣く。その直後のイベントストーリーのエンディングで流れることを知る。ゆうやはシロツメクサの花冠をサプライズで頭に乗せてくれた時に流れるっていうのが本当にかわいくて、何度もこのエンディング見たさ聴きたさに繰り返したよ、、

 ↓

ライブで聴けないかな~のオタクの願いが叶いWORLDISTAのライブ最後の曲として披露される。お久しぶりのNEVERLANDのミスター・インポッシブルがサビの振り付けを教えてくれるが2回だけというスパルタwそしてファンのために会場が歌う部分のキーを高くしてくれたNEWS。優しさに感動するもキーが高すぎて歌いづらいwでも歌って教えてもらった振りを即興でするオタク(どこかの会場からかキーの高さが戻る)(オタクの女性よりゆうやの方がキーが高いという事実)。♪また明日ねって言ったのに♪で両手を振るゆうやの超絶かわいさに会場中が震える。ラストの長野では会場中が両手を振り返すという光景が見られちょっと感動。のLove Story。

ここで終わりかと思ったら両A面シングルで発売。タカヒサマスダスタイリングのベージュの衣装もすごく素敵。デートMVもひとりver.があると知ってこっちも買い足す(何度目)

 ↓

と、思ったらゴールはまだ先だった。EPCOTIA ENCOREでの会場の歌声とリズムが間奏に入ってる!!それもゆうやのコーラスとひとりひとりのメッセージ入り。ごうなき。

 ↓

なんと恋人の日に発売。NEWSの計らいに泣く。「大好きな人を思い浮かべてね」って言われた意味もわかって泣く(シゲアキ先生天才)。「NEWS史上最もピュアなラブソング」はNEWSとファンのLove Storyだった。

 

本当に幸せなシングル発売と1位獲得だったな~。ファンにこんな嬉しいサプライズプレゼントってある?サプライズ通り越して一大叙事詩みたいに壮大なんだけど(涙)。1年前に泣いてた自分に1年後は幸せで泣いてるよ!大丈夫だよ!って伝えてあげたい。令和元年にはコーラスでCDデビューするってこともw 

NEWSのファンてほんと幸せ。WORLDISTAの次のSTORYに向けて幸せなことしかありませんように。。

 

 

 

NEWS LIVE TOUR 2019 WORLDISTA 3月10日静岡 夜公演

WORLDISTAにログインしてきました ~!!もうもう、ほんとに楽しすぎて素敵なWORLDISTAのゲームの世界でした!!!

ネタバレなしでいうと、例えるならゴリゴリの近未来的なゲームでついていけなかったらどうしようってアナログおばさんは心配してたんだけど、全然そんなことなくてWORLDISTAの世界にすっと入っていけて最後ログアウトするまでずっとずっとその中で遊んでいた感覚。幸せな思い出として心の中でセーブして今でもずっと保存できてるみたいな余韻。

実はEPCOTIAから繋がっていて、今回答え合わせをしてもらえたときにNEWSファンてばNEWSに愛されてほんと幸せ♥って思えるし。まあ、

今回もオタクの能力高く買いすぎなNEWS

っていう場面もあったけどw EPCOTIAアンコールでも聴音とリズムの初見テストですか、、?みたいなのがあったけど、今回はそれ以上ww でもオタクを信じてもらえてるのでオタクがんばるよw NEWSが期待してたよりもずっとできていなかったかもだけど、そこも幸せだな~って思いながらも必死にやってました。でもこれすぐにサクッとできたらもはやオタクではなくて優秀なJr.になれるレベルだと思うw

 

一番印象に残ったのが

ゆうやの歌声とソロが圧巻!!

これはもうほんと震えた。ゆうやの歌声ってまだ成長してるってことがわかる度に毎回鳥肌が立つんだけど、今回もすごかった素晴らしかった(という言葉しか見当たらない)。ソロはアルバム聴いた時から大好きだったけど、その世界観の表現がものすごく心を打って目が離せなかったし、動けなかった。圧巻としか言い様のないパフォーマンスと歌声でした。圧倒的な歌唱力と美がその世界観に説得力を持たせていて、ゆうやの歌声をもっとずっと聴いていたいって強く思った。

それに加えて、テゴマスの歌声を聴いたり絡んだりしているのを見るだけで泣けた。成熟したテゴマスの歌声ってなんであんなに綺麗で胸を打つんだろう(ごうなき)。

そうそう、最後の曲のゆうやが魂抜かれちゃうほどかわいい。時間も空間も越えてどこかに意識が飛んでいくんじゃないかってほどかわいい。あんなにかわいいダブルピースは地球始まって以来のかわいさ。

 

映像もものすごく凝っていて、モニター使いとかもエンターテイメント性の高さをものすごく感じたなあ(素人のおばさんの意見だけど)。フォントもすごい凝ってたけどこれはやっぱりしげちゃん担当なのかな。照明もすごいドキドキした。もう、ゲームに夢中になる子供みたいにライブ中ずっとドキドキわくわくした演出だったよ。

 

 衣装もすごくかっこよかった!どれもWORLDISTAの世界のキャラクターみたいでその世界を彩っていて、ますださん天才…!としか言いようがなかった。

 

グッズも相変わらず期待を裏切らずにかわいい。マスカレードホテルのグッズに黒いラゲッジタグ(ホテルコルテシア名義)があった時、欲しいな~NEWSもグッズでいつか出さないかな~って思ってたらこんなに早く夢が叶って嬉しい。革の地模様が、ライブ参戦用のバッグのモチーフの部分(TT兄弟みたいなブランド)と偶然にも同じ模様でうきうきさも倍増。そして、グッズ会場も屋内っていう感謝感激雨あらし状態。どうやらまさにグッズ会場にいたときに大雨だったらしくて本当に助かったよ~。プレ販も実施してくれたし会場を借りる代金もかかるのに、、って感謝しかないのです。

 

「想像することがみちしるべ」は私たちの心へのメッセージかなと思ったWORLDISTA。いつだって心で想像できることは幸せへ続いているような気がするしNEWSからも幸せをたくさんもらえて、色々な体験をさせてもらえたライブでした。理不尽なことも多いけど、楽しく毎日を生きていけそうなくらいの幸せと、幸せになるヒントをもらえたライブだったなあって思うのです。バワリーも貯められたしログアウトした今でもずっと続いている幸福感と興奮。宇宙旅行を楽しんでアンコールで地球に戻ってきたらこんなに楽しくて幸せな体験が待っていたなんて。またログインできるのはもう少し先だけど、この幸せな気持ちのままで再びWORLDISTAを体験できるのは本当に幸せだと思う。そして何度でも思うのは

NEWSファンはほんと幸せだということ。この先もずっと応援できますように。

 

 

 

 

 

 

 

NEWS DOME TOUR 2018-2019 EPCOTIA -ENCORE- 1月6日・7日東京ドーム

WORLDISTAアルバム&ツアー決定おめでとう!また素敵なコンサートに連れて行ってもらえるなんて今から楽しみです。わたしってばヒントを読み違えて“W○○○DT○○○”だと思ってたから、すごい!次はWORLDTOURだ!って思ってたのww NEVERLANDから宇宙旅行を楽しんで地球に戻って次は世界か〜!!って←間違ってるのに繋がってるだけに自信まんまんw アルバムコンセプト読むともっと大規模で想像できないほど素敵な空間で、ライブ最後に装着したVRゴーグルの意味が分かったよ〜(何着けてもかっこいいなー♡って見てたw)
EPCOTIAのDVDも発売されたので、それも絡めてEPCOTIA-ENCORE-の感想をざっくりと。

オープニング

EPCOTIAのガイドビデオが流れてアリーナツアーを思い出して早速テンション上がるよ〜。その後にアンコール!アンコール!の声とアリーナツアーの時の写真が映し出されて更に思い出に浸ってると、ENCOREの指示に従う4人が乗務に向かうんだけど、白い乗務員服がすごいかっこいい、、(グッズで着てる衣装)。その後のカウントダウンの声と照明で血が逆流するくらいぞくぞくする瞬間(髪の生え際も逆立つ感じ)を迎えたら、EPCOTIAライナーは今回は空を飛んでるよ! 円形ステージを包むように4面あるモニターは中がうっすら見えるようになってるんだけど、最初はEPCOTIAの歌声だけが聴こえていて、どこから登場?っていやが上にも期待絶好調の中、モニター内部で中心を向いて歌う4人が映し出されて、とりあえずもうここで血圧最大値。アリーナツアーでは、なんと宙吊りの登場で、無重力の宇宙空間だってことを瞬時に理解できる構成になっていたけど、アンコールは同じことはしないよって主張がここですでに分かって鳥肌。中がはっきり見える場所で見ていた時は、まだ暗幕の時にしげちゃんが天を仰ぐように片手を挙げて歌っていて、ますださんは逆に大地を踏み締めるように下を向きながら力強く歌っていた姿の対比がすごい印象的だった。衣装がEPCOTIAの時は紫×黒のシャープなかっこよさだったのが、アンコールでは紫から白へのグラデーションが銀河のようですごく綺麗だったな〜。別の宇宙旅行に連れて行ってもらっている感覚が衣装でも分かるのが素敵だよね。肩にあるスタッズ?が少しハードな旅行なのかなって感じもしてでもとにかくかっこよかった〜! RIDE ON TIME(以下ROT)で、ますださんの衣装制作の様子が見られたのも、ゆうやが「ずっと勉強してきたプロの方が完成度の高い衣装ができるかもしれないけど、メンバーに対しての愛は乗っかってない。そこは増田にしかできない」って発言してるのを見られたのもすごく嬉しかったな。あと、EPCOTIAのサビの♪Venus Uranus Jupiter from the Earth♪のEarthのゆうやの歌声もすごくよかった!!綺麗に抜ける声と独特の浮遊感があって、宇宙にいる感覚がそこでも感じられたな〜。

TWINKLE STAR

♪TWINKLE STAR♪で手のひらをこすると、ゆうやの手からはかわいいかわいい魔法の粉がキラキラと舞ってるよ、、しぬほどかわいいよ、、神様こんなかわいい子をつくってくれてありがとう、、ってこれはDVDでも確認できるので是非。同じ振り付けなのに何故かますださんの手のひらからは惜しげもなくフェロモンが放出されるのだよ、、宇宙七不思議だよ、、同じ振り付けなんだよ、、

UFO

「テゴマス同じ振り付けだよね?」第2弾。ひたすらにかわいいかわいいゆうやを見ながらますださんに視線をスライドするとかっこよくて色っぽい。同じ振り付けだよね、、宇宙七不思議、、。セットが宇宙船に見える近未来感も素敵なんだけど、同じ振り付けだよねええ??(そこ) ちなみにDVDで見たら振り付け完コピできてたわ、、元祖UFOをオマージュするような振り付けもあるからかな。ミーちゃんもケイちゃんもどちらの振り付けの違いもいまだにできるけど、テゴマスの違いは真似できないよ、、

バンドセッション

Strawberryのアンコールとも言うべきバンドセッションコーナー! とにかく生バンドとNEWSの組み合わせの反応がすごいかっこいい。音という音が胸に響く感じいいよね。ギタリストさんの横のステージ下でスタッフさんがチューニングしては次に使うギターを渡して…の繰り返しを目にして生バンドを背負う大変さを実感すると共に感激。曲によってギターを替えてる繊細さも初めて知ったりと、そんな周りの方々にも支えられてのこのコーナーは、とにかく全てが「生きてる」印象。実際の宇宙空間でも「生」を感じる瞬間て多分すごくぞくぞくするんだと思う。
夜よ踊れはNEWSの新しい可能性を教えてくれた曲で、聴く度に艶やかさが増して大好きなNEWSファンも多いはず。ゆうやの♪微笑みのマリアに〜♪が大好きなんだけど、元旦の歌い方が一番好きかな(細かいw)
LVEは、スクリーンの中で繰り広げられている様子が全く見えないんだけど、カメラでスクリーンに映し出された中で繰り広げられてる映像がむちゃくちゃかっこよくて、ものすごいスタイリッシュでかっこいいアングラ演劇を見てるような感覚。スクリーンの中がよく見える席にいた時は、ゆうやは仁王立ちに近い感じで力強く立って歌ってて、4人がそれぞれの位置にいて、空間を白襟に黒の上下を着たジュニアくん2人が舞うように走り回ってる静と動の対比と、目の前のそんな光景とスクリーンに映し出される切り取られた攻撃的な映像の対比が不思議でかっこよかった。結論:好き!こんなアプローチもむちゃくちゃかっこいい!!

EROTICA

ゆうやの踊りは自分から誘うような妖艶さがあって、例えて言うなら女性のフラメンコダンサーみたいで目が離せない。華やかに踊る指先で周りの空気を色付かせるような雰囲気。対してますださんは、堕ちるなら勝手に堕ちてって感じの自分からは誘っていないのに色っぽくて、大きくてふんわりとした空気をまとう踊りなのに、決してリズムに遅れてないのが不思議。こちらはバイラオールのような雰囲気で、指先から足の先まで周りの空気を支配しているような踊りと色っぽさが致死量超えてます。

AVALON

桜舞い散る中のゆうやはいつでも美しすぎて少し切なくなるほど。紅天女(分かる方は同世代)は梅の精だけど、ゆうやは桜の精かと思うほど美しくて儚いくらい。WHITEのさくらガールも桜が舞い散る演出だったのだけれど、その感想をこのブログで書いた時に、
elena-11.hatenablog.com
迷って最後の最後に消した文章が「天を仰ぐゆうやが印象に残りました。ゆうやは何を昇華したのでしょう」だった。「あの日のさくらガール」を強調したいから削ろうかな・・でもうーーーん・・って気になったほど、印象に残っていた桜の下のゆうや。AVALONも目が離せなかったから、DVDでますださんが桜舞う中であんなに踊っている妖艶さを初めて知って腰が抜けたよ・・

時空の歪み

アリーナツアーではWHITEから今までのツアーのアイコン的なダンスを魅せてくれた時空の歪みだったけれど、今回はそれぞれ過去のソロを披露してくれる「時空の歪み」。ますださん発案だなんてますださんほんとすばら。そのますださんは、プレミアムショーで聴かせてくれた達郎さんの「ずっと一緒さ」。キーボードの柿崎さんの音色とますださんの歌声がすごくよく合っていて、ますださんの歌声に寄り添うような優しい空間に少しも動けないでじっと聴き入ってしまった。
小山さんのソロはここ最近で一番好き。フーディーにジーンズにムートンブーツのさりげなくかわいいコーデもスタイル良すぎるからかっこいいし、ジュニアくん達がとにかくかわいかった!
しげちゃんは、わたしが初めてNEWSのコンサートに行った時のソロ「カカオ」。白いハイネックのシャツと黒手袋ととにかく色っぽい。ちょっと背徳的なのもあるような色っぽさ。今のしげちゃんの魅力をこれでもかと見せてくれるカカオ、これを作ったのが確か19才くらいだったことが一番鳥肌なんだけど・・

ゆうや

ゆうやソロは、元旦の京セラはI'm coming、6日のドームはLovin'U(カウコンはAddict)と1曲ずつ違うものがきて、次はEncoreかな?って安易に思ってたら、最終日はまさかの茜空。京本くんに作ってあげたこの曲が聴けて本当に嬉しかった。ゆうやソロの前にチューニングしてギタリストさんに渡していたギターがエレキギターアコースティックギターに見えて、頭の中でえ??どのソロ曲??ってすごい勢いで考えてたら茜空の手書きのテロップが。ゆうやのサプライズが本当に素敵だったし、もちろんどのパフォーマンスも素敵だった。歌が本当に上手だけれどそれでも当時より成長してるのが分かって感動の波が毎回すごかった。
ROTでやっとわかった、ゆうやがどんなにハードなダンス曲が続いても息を切らさずに歌えることと、疲れを見せることなくきちんとリズム通りに踊れる理由。そんな真摯に向き合うゆうやが好きだし、これからも応援させてほしいと、いつまでもその歌声とNEWSを見ていたいと、切実に願ったEPCOTIA-ENCORE-でした。

ざっくりしすぎだけど、もっと書きたいけど、一旦ここで。はてなダイアリーをブログに移行しなきゃなのでとりあえず記事の更新を。てか移行できるんだろか・・アナログおばさんはつらいよ・・(もし無事に移行できたらhttps://elena-11.hatenablog.comに変わるみたい…←ここまではなんとかできたw)