永遠などないとわかってる

それでもまだ願ってしまうのは

推しの手越くんが退所しました

ジャニーズ事務所を手越くんが退所しました。

覚悟はしていたせいか、涙も出ない。いつかは泣けるんだろうか。それはどんな時なんだろう。

このブログの題名を変えたのは、ダイアリからブログに移行しなければいけなくなった時。ちょうどEPCOTIA~ENCORE~での東京ドームの初日に手越くんがNEWSを辞めてしまうんじゃないかって不安になるほどの様子だったから、「その日」が来てもいいようにその時の気持ちをNEWSの歌の「永遠」の歌詞に重ねてタイトルを変えた。手越くんがずっとNEWSにいないだろうなっていうのは何となく思っていたけれど、それでも信じていたかった。4部作最後のSTORYまではいてくれるんじゃないかなって期待していた。でも「その日」は思っていたよりも早くやってきてしまった。

N.E.W.S.の頭文字を冠した4年がかりの計画のNEVERLANDから始まった4部作のツアー。今年はその集大成のSTORYになるはずだった。不思議な世界へ迷い込んだNEVERLAND、宇宙旅行のEPCOTIA、仮想現実のWORLDISTA、そしてSTORYのコンセプトは「圧倒的リアル」。いざ見せられたリアルが手越くん退所だったとは。仮想現実の中でゲームしていた幸せなままがよかったな・・。圧倒的リアルが辛いよ、覚悟はできてたとは言っても。

規格外で唯一無二のアイドルの手越くんが大好きだった。でも、今回は「規格外」をはき違えている気しかしなかった。活動自粛が明けないままに退所するとかダサいことはしないでほしいと願っていた。擁護しきれないで世界一のファンになれなくてごめんね。

きらきらして陽のオーラがあるビズとは違って、マイナーコードが合う少し憂いがある歌声が好きだった。どんなに激しいダンスをしながら歌っても息切れしないようにストイックに練習を重ねるところも好きだった。体当たりでバラエティをこなす根性も、涙もろくてライブ中にかわいい泣き顔で子供のように泣いてしまうとこも好きだった。ライブ最後に、ファンが「NEWS!!」って叫ぶ声を一身に受け止めて泣きそうなくらいに嬉しい幸せそうな表情で会場を見つめる姿が好きだった。いつもポジティブなところも好きだった。物持ちが良くて、少しダサい私服もかわいかった。でもこれはきっとジャニーズ事務所の、NEWSのテゴマスの手越祐也だから好きだったんだと思う。

わたしはEPCOTIA~ENCORE~で退所を覚悟したけれど、手越くんはもっと早く、10周年の頃くらいに辞めるのを考えていたとアイドル雑誌を卒業するときにサラッと教えてくれていた。そう考えると、そこから長いこと踏みとどまってくれていたからもう十分だよってお礼を言いたい気持ちはもちろんある。何より、そんな時期に愛言葉の作曲をしてくれてあんなに素敵な歌を作ってくれたことは感謝しかない。そして何よりもファンにたくさんの幸せを与えてくれたことにお礼を心から伝えたい(気がかりな報道も多かったけどw)。

有料配信のライブに3人のNEWSで出る前、しげちゃんが書いたwebの文章が「これからNEWSは3人で進む道を選びます」って言ってるようにしか思えなくて、ライブの予告映像を見て「僕たちの名前は?」「NEWS!」って答える未来を想像していた。そしたらライブは手越くんの存在を再確認してくれる内容で、居場所を伝えてくれているように感じたから杞憂だったんだと思った。そして3人で作り出すパフォーマンスも素晴らしくて胸を打った。今から思うとしげちゃんはちゃんと今日のことを伝えてくれていたし、ライブは3人でもやっていけるのを示してくれていたんだよね。ライブの3人を見るのは辛くなかったけれど、メッセージ動画の3人を見るのは辛かったな。

いつだって、あれが最後のライブだったんだと知るのは後になってから。わたしはカウコン。キラキラの笑顔で手を振っていたゆうやが、先輩にちょっかいをかけられて笑顔のゆうやがライブで最後に見た姿だった。

この先も、4枚目の見えない葉を目で探しながらNEWSのパフォーマンスを見てしまうのだろうか。トニトニのsmileのますださんのコーラスにゆうやの歌い方を重ねてしまったように。クローバーは3枚の葉が普通だからそれでいいのは分かるのだけれど、やっぱり4枚の葉のクローバーが枯れないのをこの先も見守っていたかったな。

テゴマスの青春で「See you next live!」と最後に映し出されたメッセージをひたすら信じて待っていたけれどそんな日はもうやって来ない。大好きで心が震えたテゴマスのハーモニーがアップデートしたのを聴くことはもうない。この前FCに入った友達は、いつかテゴマスの歌を生で聴きたいって夢見ていた。コンサートのソロ曲で恋愛系は抱かせてほしいか未練たらたら系ばかりだったのに、STORYではプロポーズしてくれるっていう恋愛成就の最終形を見せてもらえるはずだったけれどそれも夢に終わった。

0時を過ぎたら事務所のHPから手越くんがいなくなった。FCのわたしの「応援するアーティスト」の欄が空欄になった。心にもぽっかりと穴が開いたことを実感した。少しだけ、泣きたくなった。

大好きだったからもちろんこれから幸せになってほしい。さすがだなって思えるような活躍のニュースを聞きたい。騙されたりとかしないように祈ってる。なんで退所発表が18時半だというのを複数の人が正確に知っていたのか、今までの色々な流出を考えると不安が残るけれど。もう少し大人の対応ができる人かと思っていたし、なんだか最後はダサいなっていう感想に尽きてしまうのだけれど。こんなファンでごめんね。でも14年間大好きで応援してきたことに後悔はない。本当に幸せな月日だった。手越くんにもNEWSにも幸せな未来が待っていますように。

ごめんね、それでも一度でいい。事務所を辞めたことを後悔してほしい。少しでいいから。

 

 

 

 

手越くん活動自粛

活動自粛のお知らせを聞いた時、正直もっと悪いこと最悪なことまでここのところ覚悟してたから、自粛で済んで良かったって安心したのが正直なところで、事務所からのお知らせも温かさに溢れていて感謝しました。今日に至るまで本人に理解させることができず、と、ジャニーズJr.として弊社に所属した段階から…が胸に刺さります。 

いつもなら、何か記事になってもやんちゃだなーとか、私服見れてラッキー(いつもラフすぎて高級ブランドに見えないとこもかわいかった)くらいで、アイドルとしてパフォーマンスする姿は誰よりも輝いていたから、プライベートなことに何か言うつもりはまるでなかったけど。MCのお仕事も頭の回転が速くて感心したし、Qみたいなバラエティーでも全力でこなしていて、仕事面で類いまれな才能を見られることが嬉しかった。もちろんビズも満点だし、決して悪く言わない姿勢もすごいって思ってた。規格外のアイドルである唯一無二のところも大好きだった。いや、今でもその思いに変わりはないけど。

横アリの動画にNEWSが参加できなかった時、もしかしてその時流れてた外出は事実だったのかなって不安を覚えたのが最初だった。今の髪型はもっとスタイリッシュだよ!海外ドラマの子役みたいな髪型しちゃっていつの写真だよ?!って思ってたけど、ステイホームの主旨と違うことしてたら参加できないよね…ってあきらめもついた。でも、他のグループのライブ動画見てすごいなって思ったり、手洗い動画のわちゃわちゃ感を見て羨ましかったなあ。

その後の酒席参加報道でトニトニは不参加に。NEWSの連帯責任にならなくて良かったって思った。スマイルアッププロジェクトも3人は参加できてよかったって動画見て思った。でもこの先も伝えられるトニトニの活動に手越くんはいない、動画も何を流してくれるんだろうって楽しみに待つこともできない。それでも活動に不参加ってテレビでは大きく取り上げられてなかったから、事務所の配慮に感謝した。

そしてまた報道。せめて緊急事態解除まであと3日耐えられなかったかなって思うところもあるけど、それでも外出したいほどだったんだから、少し休んでゆっくり疲れを取ってほしい。Qで「手越というキャラを貫くのもそれはそれで大変なのだ」って言われてたように、4人のNEWSになってからずっと先頭で引っ張っていくことに疲れたのかもしれないと少し思う。外出を控えるべきっていうのを理解できなかったんじゃなくて、心がもう理解できなかったのかな。想像でしかないけど。それでもやっぱり一連の行動に呆れるところはあるけど。

先輩も後輩も事務所の方針を守って動画なり写真なり上げてくれていたり、メンバーのまっすーは毎日webを上げてくれたり、小山さんは動画も上げてくれたり。ファンが退屈にならないように心を配ってくれてたのをどう思ってたのかな。個人のwebは手越くんだけないのは今更だけどやっぱりさみしい。本人の言葉は聞けないのかな。

活動自粛を伝えるテレビの映像は、きらきらと輝いてるライブの時の手越くんばかりで、もったいないなって思ったし、切なかった。その幸せそうな視線の先にいるのは手越くんが大切にしてくれたファンだけど、目の前にいなかったから悲しませることまでは想像できなかったのかな。

待ってるから戻ってきてください。昔からのNEWSファンは待つことには慣れっこだから大丈夫。いつまでも待つから神様からいただいたお休みだと思ってゆっくり休んでください。ファンは手越くんからもらった幸せがたくさんありすぎるから、しばらくはそれを思い出して過ごせるよ。そして、今まで色々な流出があったけど、一緒に行動していた、或いは仲間だと思ってる人からの流出だったことに気付いてください。トニトニ活動不参加の原因も、外出してまで会いたかった女の子からだよ。

わたし以外誰も読んでないようなここで訴えても意味ないけど。

こちら側にも味方はたくさんいて、手越くんを待ってる人が多いことを知っていてほしい。今はとにかくゆっくり休んでください。いつかSTORYを紡ぐ日が来るのも待ってます。私たちは待つことしかできないから。

追記

メンバーの対応を見ていて。一番近いところに味方がいるじゃん!うまいこと言って近付いてくる人より、厳しいことを言ってくれる人の方がどんなときも味方でいてくれると思うんだけど、多分そんな声は届かないかな。でもみんな味方で待ってることに変わりはないから安心してほしい。健康でいてください。

 

 

ありがとうNEWSに恋して

3月末に2年間のサービスを終了したスマホゲーム「NEWSに恋して」。

これはもう、GREEさんにいくら感謝を申し上げても足らないくらい、本当に夢みたいな2年間でした。ユーザーだった人しか伝わらないと思うけど、どんなゲームだったか少し回顧を。

2018年3月末に始まったこのゲームは、その名の通りNEWSのメンバーと恋ができるという内容。わたしはのんきにハワイに行ってたので、始めたのが少し遅かった。だからログイン日数が少し少ない。今考えるとちょっと残念だったかな。

最初の本編の配信はテゴマスのどちらかを選んで恋を進めて行っていて、それとは別にイベントストーリーを決まった期間並行して進めるという感じで、イベントストーリーは4人と恋ができた。ゲームなんてほぼしたことないので、やり方もよくわからなかったり(イベントストーリーが終わった翌日の13時に新しいイベントが始まるのが習慣として理解するのに時間がかかった。その前に本編のファッションチェックがんがんやって、13時には体力0でああああやっちゃったーーーってことを多く繰り返した←イベントを始める最初の2時間はファッションチェックの点数が2倍になったので)、課金するって感覚もわからなかった。それが課金は当たり前になっていくから怖いよね・・・。子供にはゲームの課金は自分のお小遣いで払いなさいって言ってたのに、母は課金しまくっていたよ、、

本編はまずテゴマスの違いがすごく面白かった。ゆうやから始めたんだけど、つきあってお互いの家に行ったりしていた頃の話数の時、ますださんはまだ二人きりで会うのを遠慮してた。ゆうやは自分は目立ってもしかたない、気にしないってスタンスなのに、ますださんは超超超慎重ww ゲームの中もアイドルの鑑でした。

な!の!に!!!

本編の後に配信された「続編」では超超超甘いますださん・・甘すぎるくらいのますださんに腰抜けそうになりました。え??本編のあの慎重さはどこへ??なにかとべたべた甘いおうち時間。マグカップに二人分の飲み物を入れたら片手でマグカップ、空いてる片手で手をつないでテーブルに戻るよ・・甘い甘いおうち時間。時間ができたらしたいことはだらだら。甘い。かわいい。癒し。続編はますださんひとりの配信から始まったので、ますださんの印象が強いのもあるけど、本編とのギャップがすごかった。ライブだけでなくゲームでもギャップで女を堕とすますださん。

ゆうやの続編はその後に配信になったんだけど、ゆうやも甘いんだけど本編の恋の勢いを知っているせいか、安定の甘さ。そしてかわいい。遠距離恋愛はムリって言ってて彼女(わたしですなw)に遠距離恋愛をもしわたしとするとしたら?って言われて「んーーーーー」って考えすぎても答えが出てこない。かわいい。砂浜に相合傘を書くゆうや。かわいい。わたしが相合傘の相手を「ゆうくん」て書いてあげたら喜ぶゆうや。かわいい。ひたすらかわいい。テゴマスふたりとも本編より続編の方がビズがかわいくなっていたのも甘い要因?

しげちゃんは、テゴマスふたりの後に本編配信。予告ムービーが映画みたいにドラマチックだった。途中でいったん距離を置くのも切ない。連ドラ見てる感じ。しげちゃんはどの表情も耽美で、特に伏し目がちな表情は切なくて好きだった。続編では交換日記始めたり、彼女(わたしですw)が近所の猫に愚痴を言ったりしたりとほのぼの。本編の切なさとは違う、ちょっと困った表情のしげちゃんも相変わらずちょっとめんどくさいしげちゃんもまるっと良かったです。

慶ちゃんの本編は穏やかに恋が進んでいくのだけど、いい雰囲気になってお部屋の照明を落とす・・ってロマンチックな時に、照明のリモコンと間違えてテレビのリモコンを操作しちゃって雰囲気が台無しになって焦るっていう天然エピソードがものすごくよかった。これがノーマルストーリーだったのが信じられないほど。ここほんとに笑ったww

続編のシークレットストーリーではその中の甘いセリフを2つ声で伝えてくれる。もうすごいどきどき。最後のイベントストーリーはフルボイス。ひたすら萌え苦しかった。

基本のストーリー(本編と続編)はアイドルのNEWSのメンバーと恋をする、イベントストーリーは色んな職業や立場のメンバーと恋をするっていう違いがあって、そのメリハリも面白かった。遊園地の着ぐるみ着たり、メンバーの秘書やったり、幼馴染だったり・・(年齢はゲームの中でまるっきり無視してきゃあきゃあ騒いでたな・・)

声と言えば、イベントストーリーを4人すべてクリアするとボイスが貰えた。それぞれその人なりにちょっとずつアレンジされてたのも良かったし、朝昼晩ごとに画面を開くと自動的に流れるボイスをセレクトできた。ゆうやの画面にゆうやの声で開くたびに癒されて、それ以外に吹き出しのセリフ(これは1日中一緒)も選べた。毎日毎日かわいいかわいい好きだよって褒めてもらえたり、おつかれさまってねぎらってもらえて本当にイキイキしてた日々の2年間だったなーーー。メンバーそれぞれのCMもオタク心のポイントを突いていて本当に良かった。

そして、なによりも嬉しかったのがこのゲームから「Love Story」の名曲が生まれたこと! この曲が生まれる一大スペクタクルストーリーwをまたちょっと紹介。まずEPCOTIAアンコールでカイコタボンセンにいきなりリズムとコーラスをやるように無茶ブリされる(2回くらいの試聴で本番をさせられるオタク達)。ブラックホールを抜けるのに「大切な人を思い浮かべてね」って言われたこととRECのマークがついていたのがちょっと気になる→NEWSに恋して1周年CMで歌ったコーラスのメロディーが流れる!!!オタク大騒ぎ→その後のイベントストーリーのプレミアエンドでそのメロディーが流れる。泣く。→「Love Story」発売。あの時のライブのコーラスとリズムが間奏で流れる。発売日は「恋人の日」。全NEWS担が泣く。MVもそれぞれのメンバーとデートしてる目線だった。神。

今この状況になっている時にもしも配信が続いていたら・・って思うこともなくはないけれど。逆に依存しすぎることにならなくてよかったのかな。

そうそう、イベントストーリーのライターさんはまっすー推しの方でしたか?他の3人は「出逢って→気付けば恋に落ちてて→両想いハッピーエンド」だったんだけど(歌をモチーフにしたのは悲恋もあったけど)、ますださんのは時間軸から凝っているというか「出逢って→気付けば恋に落ちて→え?そんな過去から知っていたの?」的な凝り方が多かった。そして、色っぽいシーン(営みの匂わせというか)がダントツに多かった。意外とちゅーは他のメンバーもしてたけど、甘さと濃さと多さはダントツでますださん。特にエピローグはすごかった。印象深いのは、初めての温泉旅行での襖プレイwと、恋するクリスマスのバスルームのおねだり。知ってる人にしか伝わらないけどとにかく甘くてR18レベルのお話でした。甘い吐息が窓を曇らすって、タイタニックの映画以来だったよ、、

本当に本当に楽しくてどきどきして嬉しかった日々をありがとうございました。配信最終日の15時に終わっても画面を閉じないとそのままだからずっとずっと画面を見つめてた。ゆうやが「がんばったね」って励ましてくれてた。泣けた。いまだに、0時を過ぎたらアイコンを押しておみくじを引きたくなっちゃうけど。終わってしばらくは押すとすーさんの撮影スタジオが映るのも泣けたけど。今はNEWSに恋しての懐かしいフォントが目に映る。それだけで色々なことがよみがえってきて胸がいっぱいになる。

ゆうやが「おはよう、僕の子猫ちゃん」て起こしてくれるアラーム機能を聴きたくて、設定したアラーム時刻よりも早起きしてアラーム画面が現れるのを待っていた2年間だった。今はゆうやの声で朝は始まらないけど、早起きの習慣は続いている。毎日のようにかわいいかわいいって言ってもらえたせいか、肌のキメが細かくなったw ゲームを毎日やることももうないだろうけど、本当に楽しかった。本編も続編もsweetルートが好みだったな。GREEさんありがとうございました。甘いセリフをたくさん言ってくれたNEWSにもお礼を伝えたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




NEW STORY を夢見て~NEWSいつもありがとう

4部作の集大成のSTORYツアー、ヴァイラス(ますださんのRemedyにならって)の猛威でツアーの初日がまだわからない状態です、、でも仙台は迅速に振替先を決めて対応していただけたり、普段の生活で取り入れられる予防法を示してくれたりの事務所からのメールに感動したり、webでのメンバーのあたたかい言葉に泣いたりしてます。さらに、公演に当選されていた人には動画まで届けてくれて、、。どこまでNEWSってかっこいいんだろうとごうなき。色々と息苦しくなるような日々だけど、STORYを聴いたら楽曲も素敵なものばかりで、幸福感に満たされてます。DVDもビズすばら!!なのにおもしろすぎ!!楽しみすぎるー!!
さらりとSTAY WITH MEを披露してくれた時から幸福感は始まってたのかな、今思うと。
おまけに、てごプンでは生配信をしてくれて。それもダンスゲーム!粋なはからいとダンスのかっこよさと笑顔ばかりを生む時間が本当に幸せでした。
音楽祭では、まさかのまさかのエスを見せてくれて。その仕上がりを見てツアー初日に完璧に仕上げてきたのがわかってぞくぞくしました。こんなかっこいいのをいつか見られるんだな~って希望にもなったし。とにかくかっこよすぎて魂抜けたかと思った。かきまぜしげちゃんの後のゆうやの美声もすばらでした。以前、しげちゃんのセリフをどんな顔で聞いていたらいいかわからないって言ってたけど、舌ぺろのすごく悪くかわいい顔が最&高でした。
そして、エコパからのU R not alone。全NEWS担大号泣。NEWSファンでない人にもその歌声はすごく刺さったと思う。グッズのパーカーを着て見せてくれた心遣いにも号泣。好みにどストライクで複数買いしたいから増産お願いします。
とにかく、一番悔しいのはNEWSなのにファンのことばかり優先して寂しくないようにってしてくれる行動の全てが嬉しくてしかたない。
欲を言えば手洗いソングのわちゃわちゃぶりを見たかったなー(年取ると強欲に)。
今はSTORYが始まる日を楽しみに待って、その次のNEW STORYを夢見て今しばらく過ごしたいと思います。NEWSありがとう!!

追記
NEWSみんなが元気なのがわかっただけでも本当に良かった。ご報告ありがとう。書き忘れたけれど、また、さくらガールの思い出が増えたのが嬉しい。

透ちゃんとの夏、令和の夏~ボイス110緊急指令室

透ちゃん、、かっこよかったよ透ちゃん、、

ボイスが終わったら透ちゃんロスボイスロスになるんだろうな~って思ってたら、HuluでオリジナルストーリーのCALLBACKが登場して、透ちゃんスピンオフドラマの見応えもすごくおもしろくて何度も何度もリピートしてる。透ちゃんとECUの皆さんにまた会えて嬉しい。チームワークの良さが好き。

でもごめん、、こんなに石川透を演じきれるなんて思ってなかった、、こんなに引き出し持ってたなんて、、透ちゃん最高だったよ、、まっすーじゃなくて石川透を見ていた夏だったよ、、

兄貴も最高だった、、大学生の時に友達から「かっこいい俳優さんが出てきた」って教えてもらった時から(世代がばれるw)(としあきって読めなかった私達)何から何までかっこよかったけど、今回も本当にかっこよかった。

ストレンジフルーツの千葉くん、ゼロの山口カズヤと、どこか黒い部分を持つ役のますださんの演技が好きだったんだけど、ドラマの最初はムードメーカーで兄貴を慕う刑事の雰囲気が似合ってるし、回を追うごとに演技が自然になってきたな~って透ちゃんを見てた。中盤からもしかして警察内部に黒幕が?って思ってからの透ちゃんの表情が「その場にはすごい自然なんだけどどこかほんの少しのささくれのように気になる」っていう(今から思えばすごい秀逸な表情!)ところが気になっていたら。そんな悲しい役まわりだったなんて。

それを告白した9話。ロケ地のお店で「まっすーがあんな演技できるなんて思わなかった」ってとにかくすごく誉めていただいて、9話をすごく楽しみにしていたら。

黒幕なのに、裏切り者なのに、心情をぶつけるシーンで見ているこちらが胸を打つくらい悲しくて透ちゃんの味方になれたのは、ますださんの演技力だと思う。制服を着て笑顔で敬礼する写真を見ただけで泣ける。代表作になったよね(ごうなき) ちなみに音声をパソコンで消すときの全ての感情を殺した表情が好き。志津さんのお店に向かう時の橋は、学生時代から今でも(美容院が元町ゆえ)通る場所なのでそれも嬉しかったり(なのにロケに一度も遭遇できなかったよ、、)

と、いうか雫ちゃん!!グッジョブ!!ためらって雫を撃てない透ちゃんにいたく興奮した雫ちゃん、「腕っぷしの強い敏腕刑事」より腕っぷしが強いエリート雫ちゃん、倒れた透ちゃん抱き上げてそのまま別荘までドライブ楽しんだんだよね? お気に入りのお部屋に連れ込んで丁寧にトップスの洋服脱がせて拘束して起きるまで楽しみに待ってた雫ちゃん、かわいらしい名前と共にキライじゃない。むしろ趣味が合いそうで好きです。上半身裸の透ちゃんが拘束されて転がされてたシーン見たときには、情報が多すぎて危険な場面ていう意識も飛んだよ、、殺人鬼なのに雫ちゃんありがとう、いい趣味をお持ちで、、って感謝しそうになったもん。オタクや組合への大サービスだとばかり思ってたら、原作でも上半身裸にされてたって知って原作に忠実なだけだったというw

 雫が透ちゃんの顔を綺麗なままにしてくれたおかげで(顔はやばいよボディにしな方式ではなく透ちゃんが好みだったんだよね説やはり濃厚)、スピンオフのCALLBACKで綺麗なお顔のまま再会できたし。意識不明から1か月で復活した驚異の生命力の透ちゃん。あの身体はやっぱり見た目だけじゃなかったのね(脱ぐから鍛えました的なのがなくて、刑事としての生活感があって綺麗なんだけれどリアリティーがあってすごい良かった) 女の子の質問に答えたときの答えと表情がすごく好き。

最初にドラマ出演を聞いた時は、共演者の方々に恵まれてることにすごい感謝したけど、スタッフの方々の思いやりとチームワークの良さにも感謝と感動しかない 。

 

 クランクアップの写真を見て、その心遣いに気付いて思わずすぐにTwitterに上げたんだけど、本当に素敵な方々と関われて良かったね。できたらこのスタッフさんで続編も見たいし、透ちゃんにももう一度会いたい。兄貴を助ける役(ハヤミミみたいなのとか)で兄貴親子と透ちゃんのふれあいがまた見たいし、ECUの方々にもまた会いたい。つかTwitterの記事の写真の大きすぎw小さくするやり方わからなくてごめんなさい、、

土曜の夜を待つどきどきわくわくを今でも思い出す。素敵なドラマをありがとうございました。歌手のますださんは最強だけれど、俳優ますださんももっと見たい。昔から言ってるんだけど、喪服のランデヴーの主役の犯人役をいつかやってほしいな~。

 

 

WORLDISTAの思い出 その3 とボイス110緊急指令室

 ボイス110緊急指令室がとてもとても面白い。透ちゃんが3年前から兄貴の近くにいる唯一の人間で、警察内の動きも把握できるんだって気付いてからはもしかして、、の思いで見てるけどかっこいいのよ透ちゃんてば、、でも兄貴が言わないならあたしが呟いちゃうよひとりだと掃除屋取り逃してた透ちゃん「刑事が犯人を取り逃したら1回なら偶然、2回なら不自然だ。繰り返されたら必然だ」って、、兄貴の応援で捕まえられたけど、、。それと係長が殺された現場を見た時の表情が秀逸で、でも仕事仲間を殺された悔しさとは微妙に違う苦しい表情に見えたんだよ、、、8話予告の表情見たら心臓どきどきしすぎて最終回までに救心買っとこって思った。透ちゃんが内通者じゃないのかって疑いすぎて、イリュージュにカチカチ野郎がいるって所長から兄貴に電話した後に、兄貴が透ちゃんの車に乗る直前まで透ちゃんがイヤホン押さえてる姿見て盗聴?!とまで思ってしまったw 話を追う毎に演技力がうまくなってる気がする。透ちゃんの「おい」と同じ空気の抜き方をしてたとある声も気になってるんだけど、いなげみつおから石川透への改名疑惑もあるんだったww(手越祐也さん談w) とにかく気になってすごく面白いドラマ。横浜市のいきなりのカジノ誘致っていう現実と交錯しているのも面白い(偶然?

そして来週に迫ったStrawberryの発売。CMの最後、空撮の花火がStrawberryのモチーフを赤く彩ってるのは、このための花火の色だったの?なんだか1年越しの鳥肌なんだけど(ごうなき)

 

さて、ライブはこのあとお色直しをするのだけど、ますださんお気に入りのデザイナーさんがキャラクターを描いてくれたでいいんだよね? かわいい動物のキャラクターを散りばめた布地と、メンバーそれぞれ違うデザインの衣装。このゆうやの衣装が、足首がリブ編みできゅっとしまってるズボンだったから乳児が履いてるロンパースみたいだったのと、ガウンを羽織っていたので「ゆうやちゃんそろそろ就寝ですよタイム」にしか見えなくなってしまったw すごいかわいくてホットミルクを渡してあげたかったよ、、(なのに歌唱力ありすぎのギャップよ、、)

恋を知らない君への時に思わず涙が流れてしかたなかったんだけど、NEWSの歌唱力と映像がすごい切なかったんだよね。ベージュの映像にはロボットが。女の子に恋をして風船を渡そうとするんだけど、電池が切れてしまって動けなくなって渡せないの。もう切ない、、恋を知らなければこんな切ない思いもしなかったのかもしれないけど、それでも恋を知ってよかったなとも思う切なさ。落ちサビのテゴマスの歌声も胸を打つこの歌の後は、風船からほどけてしまった「リボン」。すばら!すばら!な流れ。

サンタのいないクリスマスのコーダのゆうやのハーモニーの音の取り方が!流れが!!もう、これしかないっていう音を拾って歌っててすごい鳥肌立った。

この衣装はすごくかわいいのに、歌った曲は全部切なくて、そのギャップがまた良かったな~。

長野オーラスではこの衣装で東京ガールズコレクションの真似をしたのがすごいクオリティ高かったw まずこやてごで「付き合って3か月のカップル」の設定でランウェイのように長い花道をウォーキングするんだけど、祐子があざとかわいい。石原さとみか祐子かってくらいかわいい。その後にこやしげのメンズモデルで歩く姿はくそかっこよかった。スタイルよすぎ。オーラ出過ぎ。最後にデザイナーのタカヒサマスダがすごい勢いで走って戻って行ってた。パリコレはこうなのかな? あと、ゆうやがそれぞれのソロの好きなところを言っててそれがオタクのツボと一緒で嬉しかったw ソロの準備でハケてたゆうやが、ステージ上でこのキャラクターのTシャツをこやしげにあげるって言ったますださんに「だーます!だーます!てごにゃんもくれー!!(確かこんな感じだった)」って声だけで登場してすごいかわいかった。その主張に対して、プライベートで着られるように上下でコーディネートしてプレゼントしてあげるって言ったますださんのお兄ちゃん感にてごますぅぅぅって叫びそうになったよ。是非その姿をwebで上げてほしい。慶ちゃんに写真の載せ方聞いて、、お願い、、

 他の会場で覚えてるMCは、埼玉(静岡だったかも、、)で、ファンサを貰った時に周りのうちわを見回して自分だけだったら「よっしゃ私だー!」って嬉しいんでしょ?ってゆうやの発言と(よく見てらっしゃる、、)、よっしゃー!の仕草がすごいかわいかった。しげちゃんの座った時に周り確認するよね?みたいなのも仰る通りでw

埼玉で、お世話になっている記者さん達をもてなした時(1部と2部の間に開催されたって言ってたような)、まず小山さんが自分の誕生日が令和元年初日と一緒、に絡めた抱負を話す→これは誕生日で繋げるんだなってますださんが誕生日の7/4を話す→ゆうやの誕生日11/11に掛けて、1は金メダル、オリンピックに関わる仕事ができたらの抱負→しげの誕生日7/11は水戸黄門の誕生日。人生楽ありゃ苦もあるさ、の誕生日ネタの天丼で締める。即興でおもしろく話せるNEWSほんとすごいww この時はますださんがラーメンのケータリングを頼んでくれて、ラーメン屋さんごと来てもらったっていうかっこいいエピソードと、食べきれないからしげちゃんとゆうやで一杯のラーメンをわけて食べたんだけど、煮卵を「はんぶんこしよ」って言うゆうやがかわいすぎるエピソードに倒れた。それも大きい方の卵をしげちゃんにあげたって、、

あと、一緒にライブをつくってくれてるジュニアくんたち全員を紹介してくれたり、ますださんが愛唄を歌ってくれたり(美声!)とほんとにいつもおもしろかったな~。

今回はここまで。次で終わる、、予定、、